うがい薬に含まれる成分

口内を殺菌できる成分が含まれているうがい薬なら、虫歯の予防に多少は効果を発揮できます。
歯磨きが終わった後にうがい薬で口をゆすいだり、うがいをしたりしてください。
しかしうがい薬そのものに虫歯を治したり、汚れを落としたりする効果はありません。
あくまでも虫歯予防のメインは歯磨きにして、補助的な役割を担っているものだと思ってください。
またうがい薬の代わりに、最後にマウスウォッシュで口をゆすいでも構いません。

外から帰ったら、手洗いうがいを忘れないでください。
特にうがいは重要で、怠ると口内環境が悪くなり、雑菌が繁殖してしまいます。
それが虫歯に繋がるので、うがい薬を使って口内を殺菌しましょう。
その時のために、うがい薬を自宅に常備しておくのがおすすめです。
うがい薬は苦い味がするので、苦手だと思っている人が多く見られます。
しかし最近はフルーツの味がするうがい薬が登場しているので、そのような製品を使ってください。
それなら、子供でも使えると思います。

しっかり虫歯予防をするなら、歯を磨くことが忘れられません。
食事の後は歯を磨き、汚れを落としましょう。
歯ブラシの後に、歯間ブラシや糸ようじを使っても良いと思います。
すると歯と歯の隙間など細かい部分まで磨け、口内の汚れを完全に除去できます。
歯ブラシも歯間ブラシも糸ようじも、1か月に1回は交換しましょう。
ずっと同じものを使い続けていると衛生状態が悪くなり、口内が汚れてしまいます。

歯磨きの後に使おう

製品によって含まれる成分が変わるので、全てのうがい薬が虫歯予防に効果を発揮できるとは言えません。 口内を殺菌できるうがい薬なら、虫歯予防に繋がります。 そこでうがい薬を買う際は、成分に注目すると良いですね。 うがい薬を使うのは、歯を磨いた後のタイミングです。

外から雑菌が侵入する

普段の呼吸から雑菌が口内に侵入し、虫歯を発症する可能性があります。 特に外出している時に雑菌が侵入しやすいので、帰宅したらうがいすることを忘れないでください。 うがい薬は、味付きのものでも構いません。 特に子供がいる家庭は、甘い味がするうがい薬だとみんなで使えます。

歯ブラシで磨くことが大事

虫歯にならないためには、歯ブラシを使ってください。 また歯ブラシ以外にも歯間ブラシや糸ようじなど、おすすめの道具がたくさんあります。 それらも駆使することで、口内の汚れのほとんどを除去できます。 ただ、ずっと同じものを使い続けないでください。 適度に交換しましょう。