>

歯磨きの後に使おう

チェックする部分

どのようなうがい薬でも、虫歯予防に効果を発揮できるわけではないので勘違いしないでください。
口内を殺菌する成分が含まれていたら、虫歯予防に効果を期待できます。
これからうがい薬を購入するなら、成分まで目を通してから選ぶと良いですね。
しかしうがい薬を使っているからと言って、すでに発症している虫歯を治したり、口内に付着している汚れを落としたりする効果はありません。

ですからうがい薬だけを使って、予防をしている気持ちにならないでください。
あくまでも、虫歯予防のメインは歯磨きです。
うがい薬は、虫歯予防を手助けしてくれるものだと思ってください。
歯ブラシで歯を綺麗に磨きつつ、うがい薬で口内を殺菌することで虫歯菌を除去できます。

使うタイミング

うがい薬は、歯を磨いた後に使いましょう。
歯を磨く前では、あまり効果を発揮できないので気を付けてください。
またうがい薬の代わりに、マウスウォッシュを使うのもおすすめです。
様々なメーカーからマウスウォッシュが登場していますし、そちらならフッ素が配合されている製品が多く、さらに虫歯予防に効果を期待できます。
フッ素は歯をコーティングして、汚れがつかないように力を発揮してくれると覚えておきましょう。

ですから普段はマウスウォッシュを使い、マウスウォッシュがなくなってしまった時にうがい薬を代用するのがおすすめです。
自宅にうがい薬かマウスウォッシュのどちらかがあれば、いつでも歯磨きの後に口内を殺菌できるので安心ですね。