>

歯ブラシで磨くことが大事

歯間ブラシや糸ようじ

歯ブラシで大体の汚れを落としたら、次に歯間ブラシや糸ようじを使ってください。
これらは歯全体の汚れを落とすものではなく、特に気になる部分を集中的に磨くものです。
歯と歯の隙間に挟まった汚れは歯ブラシでは落としにくいので、歯間ブラシや糸ようじといった道具を使ってください。
その後にうがい薬やマウスウォッシュで、口内を殺菌すれば完璧です。

ただ時間がなくて、そこまで丁寧に歯を磨けない人がいるでしょう。
その場合は、これらの道具を使うのは夜だけでも構いません。
就寝している時に雑菌が繁殖して、次第に虫歯を引き起こすと言われています。
ですから朝や昼の歯磨きより、夜の歯磨きの方が大事で、念入りに行わなければいけません。

消耗品だと理解する

歯を磨く時に使う道具は、全て消耗品です。
何か月も同じものを使い続けるのは、汚いのでおすすめできません。
目に見えなくても歯ブラシや歯間ブラシ、糸ようじには雑菌がたくさん付着しています。
1回使うごとに洗うと思いますが、それでも雑菌を全て除去することはできません。

そのため、1か月が経過したら交換しましょう。
また口をゆすぐ時や、うがい薬を使う時に使っているコップがあると思いますが、それもこまめに洗剤で洗ってください。
洗っても汚れが落ちない場合は、新しいものに交換するのがおすすめです。
口につけるものなので、全て清潔なものを使いましょう。
コップは100円ショップでも売られており、新しく買っても大きな出費になりません。